2009年10月30日

音速 その1

さて、JBが手元に戻ってからボチボチと弾き出して・・・

久しぶりのせいなのか・・少々違和感を覚えました。
その違和感の原因が音速なのかなって感じています。
ここまでだといったいなんのこっちゃ?って話になると思いますので何度かに分けつつ
自分の中でも確認をしつつ 数回に分けて書いていこうと思います。

音速という書き方をしておりますが、これは測定器を使い計ったわけでもないので実際に
違いがあるのかは、わかりません。
非常にオカルトな話にもなってしまいそうですし、感じた部分ですから個人差も出ると思います。
ただ、人間の感覚というのは、非常に優れていると思います。
0.003mmの紙と0.002mmの紙の違いを測定するには、それなりに高価な機材が必要ですが
人間の手だと違いを感じる事が出来たりしますしね。
今回は、そんな話になると思います。

良く「このアンプは、音が速い」なんて話を聞きます。
この場合の音の速さって何を指しているのでしょうか?
アンプの反応速度?
音が耳に届くまでの時間?
音を身体で感じるまでの時間?
恐らく、人によって別の意味で使っているのかなぁって思います。
マッチレスというアンプは、発売された当初から音が速いと言われてきました。
これは、立ち上がりの良さとも言い換えられるのだと思います。
むしろ、「立ち上がりの良さ」という言葉が先で時代とともに「音が速い」なんていう
言い回しに変わったのでしょう。
これは、アタックの出かたで印象が大きく変わる部分だとも思います。
同じアンプやキャビネットを使った際には、よりクリーンな音の方がアタックは、強いです。
歪ませれば歪ませるほどアタック感が減っていくというのは、誰もが感じる部分だと思います。
低音側をザクザクさせる・・最近では、シュレッドというのでしょうか?
ハードな歪みを売りにしているアンプやペダルは、アタックが強いようですが違うものと思います。
フラットな音よりも立体感のある音の方がよりアタック感を感じやすいのもその辺でしょう。
これは、「タッチに忠実な」であったり「タッチの出しやすい」なんて言われ方をしている部分かと
思います。

ギターのブリッジ等でも似たような事があります。
「FRT付きのギターの音は、どれも似たようになる」なんて話もこれと似た話だと思います。
ロックナットとブリッジでのロック機構によってボディやネックの影響を受けにくくフラットな音を
得られるという意味では、非常に信用できる優れたパーツだと思います。
何よりチューニングの安定にも繋がりますしね。
ただ、それ以前のお手本となったギターが色々な不確定要素を持ち合わせ、時に素晴らしい音を
出していたのでFRTのメリットをマイナス要素と見る人が多いのも事実ですね。
これは、使い分けが出来ればそれで良いと思うんですけどね。

そして、話が最初に戻ります。
JBに感じた違和感。
これは、PUに対してでした。


その2へ続く・・・
posted by renkin69 at 12:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
renkinさんの記事にグイグイと吸い寄せられ、
気が付けば完全にrenkinワールドに突入したところで、

次週へ続く。

む〜、一本取られました。orz
小学生の頃、ジャンプの次号を待つ気持ちを、
まさか、この歳になって味わうとは。(笑)

次回記事、楽しみに待ってます。(^^)
Posted by しま at 2009年10月31日 01:02
■しまさん
いや・・・ただ長くなりそうだなぁってだけでしたw
実際にブツがあがるまで私もわからないので、のんびり
更新のつもりです。
なもんで、しばらく本題にはたどり着かないかも
しれませんなぁ。
Posted by renkin at 2009年11月01日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131569283

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。